脇を使ってバックハンドを強くする!強力なショットを効率よく打つには!? | アスリードテニス

脇を使ってバックハンドを強くする!強力なショットを効率よく打つには!?

スポンサーリンク
Pocket

テニスの試合を見ていると強力なショットやサービスを打つときに必ずといいていいほどある共通点が存在します。

それは脇を使っているということです。

今回はその脇を使うということがどういったことなのか。

また、どういったときが有効になってくるのかをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

脇を使うとは?

先ほどからお伝えしている脇を使うとはどういったことなのでしょうか。

元をたどると武術の世界から来ているのですが、効率的に体を働かせるための体の使い方として脇を締めるという方法があります。

剣道とかで構えをしたときは脇を締めることによって相手と対峙したときの瞬発力を高めることを無意識的に行っています。

テニスではインパクトの前もしくは瞬間に脇を締めることによって強力なショットを可能にしています。

錦織やフェデラーなどのスローモーションなどを見るとスーパーショットなどでは脇の意識が働き、体の連動性を高めて、効率的にパワーを最大限に高めています。

前鋸筋を優位に使う

脇を意識的に使うと肩甲骨が立ち、前鋸筋という筋肉が働きます。

前鋸筋は肋骨から肩甲骨にかけてついており、パンチして時や腕を前に押し出したときに働きます。

ボールを潰したり、前に押し出していくときなどは前鋸筋が働いているのです。

また、前鋸筋は腹筋の方にかけて筋肉同士でつながっています。

つまり、前鋸筋が優位に働くようになるとスイッチが入ったかのように体幹が働くようになるのです。

前鋸筋を優位に使うためのエクササイズ

前鋸筋を優位に使うためのエクササイズとして立甲というものがあります。

読んで字のごとく、肩甲骨が立ってる状態なのですが、立甲は脇を締めて前鋸筋を働かせることによってできるエクササイズです。

立甲は上腕骨(二の腕の骨)と肩甲骨が一直線上になっている状態で、肩にとって負担が少ない状態です。

また、肩のインナーマッスルとアウターマッスルのバランスよく働いている状態なので腕のコントロールがしやすい状態になっています。

つまり、自分の思うようにラケットをスイングしたり、怪我を予防したりするために重要なことなのです。

チーターはダッシュをするときは、立甲の状態になっているので、爆発的でスピーディーなスピードを出すことが出来るのです。

チーターには、人間と違って鎖骨がないので体を動かせる範囲などが違いますが、体を効率的に動かし、より強いショットを打つには立甲はできる必要があります。

立甲を出来るようにすることはテニスがうまくなりたい人にとって必須というわけですね!

立甲は体幹にも影響する

先ほどお伝えしましたが、立甲は上半身だけでなく、脇から骨盤にかけて付着している腹斜筋にも影響を与えています。

腹斜筋は体幹を安定させる働きがあります。

そして、腹斜筋は体軸筋でもあるので、前鋸筋と筋肉同士でつながっています。

(詳しくは体軸について述べている記事をご参照ください。)

つまり、前鋸筋にスイッチが入ると腹斜筋にもスイッチが入るようになっています。

立甲は体幹を働かせることが出来る方法の一つでもあるという訳です。

立甲の具体的な方法

立甲の具体的な方法については述べていきます。

膝立ちで立ちます。

次に脇を締めた状態で前ならえをします。

前ならえをしたら肩を下げる意識を働かせた状態を保ったまま、腕を動かしていきます。

5回ほど行ったら、その感覚を意識したまま腕をまっすぐに伸ばしていきます。

まっすぐに伸ばしたら脇締める意識とと肩を下げた意識を保ったまま四つ這いになってください。

肩甲骨が画像のように立っていたら成功です。

アスリードちゃんねるにも載せましたので、そちらをご覧ください。
また、もしよろしければちゃんねる登録もよろしくお願いします。

アスリードテニスアカデミーでは、このように実践的でテニスがうまくなるためのトレーニングを行っています。

興味のある方がいらっしゃいましたら、1度体験レッスンに来てみてください。

参考文献

究極の身体 高岡英夫

宮本武蔵はなぜ強かったのか 高岡英夫

センター・体軸・正中線 高岡英夫

体幹リハビリテーションレベル1~3セミナー資料 体軸コンディショニングスタジオ

スポンサーリンク

シェアする