頭を使って効率的にテニスを強くする!レフとラフの意味とは? | アスリードテニス

頭を使って効率的にテニスを強くする!レフとラフの意味とは?

スポンサーリンク
Pocket

練習やトレーニングでコーチや両親などに「一生懸命やりなさい」「他のことなんて考えなくていいから目の前のことだけ集中しなさい」なんて言われたことないでしょうか。

ただがむしゃらに行いなさいなんてジュニア時代、僕も言われたことは過去に何度もありましたが、それだけに集中したり、がむしゃらに体を動かしたところで相手が見えてないとテニスは成り立ちません。

自分だけのことだけでなく、相手の状況も見ながら試合をするのがテニスというスポーツです。(他の競技もそうだと思いますが)

今回は練習をしているときや試合をしているとき、トレーニングを行っているときなどに心がけておくべき意識について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

がむしゃらに行うと体は固まる?

考えるよりも先に体を動かそうとがむしゃらに動いたり、体を速く動かそうと力んだりすると体はたちまち無駄な力が入ってしまい、上手く力を発揮することはできません。

また、目の前のことだけしか意識が行かなくなるとほかのことに目がいかなくなり、目の前のことだけで精一杯になってしまいます。

このような状態になっていることをラフといいます。

ラフという意味はもともとカメラの写真を取るときのラフ(粗い)・レフ(繊細)から来ているのですが、練習やトレーニングなどの体の動きの質を見るときなどの表現としてあります。

ラフな状態で練習やトレーニングをしていると動きの質が下がっている状態で体を繰り返し動かすことになります。

つまり、技術を高めたり、体を作るにあたってこのような状態は避けるべきと言えます。

また、「もっとがむしゃらにやれ」「目の前のことだけ考えろ」などの声かけもラフな状態にしてしまう可能性があるので注意が必要です。

繊細に!そして質を高く!

ラフとは反対にレフという状態があります。

レフな状態は無駄な力が入っておらず、動く際も必要最低限の力を使っていることを指します。

このような状態に陥ると、体に余裕ができるので、周りの状況もよく見えるようになります。

テニスの試合でいいますと相手の動きもよく見えるなどの表現がわかりやすいかと思います。

上達を効率的にしたり、質を高めるためには普段からこのように意識をあらゆる方向に飛ばしながら練習をする必要があります。

レフな状態に持っていく方法

試合でレフな状態を作るには普段から練習やトレーニングなどでレフな状態を作ってトレーニングする必要があります。

練習でいきなりできればいいのですが、いきなりは難しいと思いますのでトレーニングなどで段階を踏みながらレベルを上げていくのがいいかと思います。

具体的な方法は体をまず、ゆるめていく必要があります。

体が固まってしまっているとラフな状態になりやすく、レフにもっていくにはハードルが高くなります。

なので、体をゆるめることによって無駄な力を抜き、余裕を作ることが重要になってきます。

体をゆるめることにつきましては過去の記事で詳しく書きましたのでそちらを参照していただければと思います。

体をゆるめると楽になる~体軸理論の秘密~

他の記事でも散々紹介していますが、体をゆるめることでなぜ、体が動きやすくなったり疲れにくくなったりするのでしょうか。 テニスで体軸をし...

アスリードテニスアカデミーでは、ただ練習をするだけでなく効率的な体の使い方や勝つために重要なトレーニングなども教えております。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、体験レッスンや体験トレーニングなどを行っておりますので、お気軽にお問合せください!

参考文献・書籍

体幹リハビリテーションレベル1~3セミナー メタアクシス

究極の身体 高岡英夫

スポンサーリンク

シェアする